韓流ドラマ ”アイリス”

韓流ドラマ”アイリス”が私の故郷秋田で撮影されていた

その事はあるTV番組で放送していたので知っていたが、これほど毎回秋田での撮影場面が出てくるとは思いもしなかった(^・^)

1~2回 ほんのわずか出てくるのかなぁ・・なんて思いながら楽しみにしていたら、毎回出てくるので不思議な気持ちになる(これって韓国のドラマ、それとも日本のドラマ?)って感じでね。でもあんなに雪が多かったのかとビックリする場面も多い

どんな展開になるか分からないけど、これからも目が離せないドラマ。故郷と言っても田沢湖周辺で生まれた訳じゃなく、由利本荘市で生まれ育ったので知っているお店が出てくるわけでもないけどやっぱり気になる(#^.^#)

これからも最終回までずっと楽しみにしてみよう(^^♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

"崖の上のポニョ”

息子の子供(2番目、小6)と、今話題になっている”崖の上のポニョ”を観に”太田コロナシネマワールド”に行って来た。

ポニョ”はキャラクター的にはあんまり私の趣味ではなかったがhappy01heart04happy01のために一緒に観に行った。

始まったら凄くきれいでheart02ファンタジック空想的lovelyな世界が画面いっぱいに広がり、「どうしてこんな素敵で空想的な世界が思い浮かぶのだろう・・・」と、改めて 宮崎 駿さんと言う人の素晴らしさを感じずには居られませんでした。

もっともっと凄く幸せなheart02感動heart04を覚えたのに、言葉を知らない私は今の自分の気持ちheart01をきちんと言葉にする事が出来ず、歯がゆいというか悲しいというかガッカリweepです。こんな映画ばかり観ていたら、今の時代のようなこんな悲惨な事件はかなり減っているのではないかと強く感じました。それほど”ほのぼの”とした幸せを感じさせる映画でした。

”ポニョheart04”もやっぱり観ていたら可愛いキャラクターでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

福島旅行(松川浦)2日目

早朝 5時半起きで、女性人みんなで旅ならではの朝風呂に入り、サッパリした気分になったところで、又お化粧が始まった。我が家に居れば朝風呂に入るなんて出来ないし、家にいる時はお化粧もしないでいるから、私にとっては”旅ならでは・・・”になってします。最近の子は”朝シャン”する人も多いのかもしれないが、私にはその習慣は無い。

朝食は7時半だった。昨日飲み過ぎたり食べ過ぎたりした人も、それなりの食欲でご飯とおかゆを、お味噌汁とお魚のスープ、お代わりする人もいて食欲の多さに感心させられた。私はというと、出るべき物が数日前から出ておらず、お腹に溜まった状態だったので、少々食欲としては細かった。

宿を8時半に出発して、最初に向かったのはいわき市に在る「かねまん本」というかまぼこ屋さんだった。そこで試食した燻製風のかまぼこ美味しかったので、2種類のそれをおみやげに買ってみた。

次に行ったのは、鮮魚センター・・・といっても規模は小さく、あんまり買うものが無いなぁと思っていたが、お店のご主人が”ジャパネットたかた”ばりのセット売りで、「これとこれとこれにこれをオマケしていくらだ!」という方法に、じゃ私も、私もという感じで皆が買っていた(^_^メ)

後は一路家路に向かうのみ、塩谷岬の美空ひばりの歌碑があるところに寄りたいと、おねだりする一幕もあったが、予定外なので却下された。帰りのバスは1日目よりカラオケを主体として走っていた。私も、大好きだけど歌えないので聞くだけだった”ロンリーチャップリン”に、恥を忍んで挑戦してみたが、案の定大失敗、メロディも良く分からなくなっていた。(年のせいで歌詞もメロディも消えてしまう昨今)『旅を共にした皆さん、お見苦しい点をお詫びいたします』m(__)m

最後に予定外の行動、”佐野ラーメン”を食べて帰ろうという事になり、あるお店に入り、私は味噌ラーメンを注文した。私たちのテーブルでは味噌ラーメンが多かったが、食べてビックリ、今まで食べた事もないような”しょっぱさ”お味噌が普通の2倍は入っているかのようなしょっぱさだった。どうしても信じられない味で、となりの人に言ってみたらその人もしょっぱいというので、お店の人に「血圧の高い人が多いのでお湯を下さい」と言ってお湯を貰い薄めて食べた。かなり入れてもまだしょっぱかった。

今でもあのしょっぱさは何だったんだろうと疑問に思う。一つのどんぶりに2杯分のお味噌が入った以外は考えられないしょっぱさで、間違って入れた訳ではないとすれば、作った人にあれを一度食べてもらいたい。

と言う訳で2日間の旅も一応何事も無く、無事に家にたどり着いた。108_0827

写真は一日目に行った、”鵜の尾埼灯台”での一枚です。

| | コメント (0) | トラックバック (10)