« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »

雨の中のゴルフ

19日、近くの上武ゴルフ場に行ってきた。一日中雨になるかと思ったが,前半はどうにかもってくれたので喜んでいたが、食事をしているうちに少しずつ降り出して、後半はカッパを着て傘をさしてのプレーだった。

2サムだったので、熊谷近辺の2人組の若い男性と一緒に回る事になった。その性か主人は最近にない低レベルのプレーをしてしまった。若い二人に負けられないと思ったせいで力が入りすぎたのか、良い所が一つもなかった。本人の言い訳としては、右手首が腱鞘炎で痛かった・・・との事。

若い男性の一人はかなりの慎重派で、一打1打を大事に打っている分、時間がかかるので、主人は『お前が3人居るような物だ・・・!』とイライラする部分もあった。私も打つまでが長いといつも言われるが、さらに長かったように私も感じた。でも結果的に彼らの方が打数としてはかなり少なく、果たしてどっちが時間を有したんだろうと思わざるを得ない!

彼らは,A君が50,46で96. B君は41,44で85私は53,52で105.主人はというと、58,52で110だった。 先月初めて90を切ったと喜んでいたのが、今回は初心時に近い成績だったので、私もビックリしてしまった。

原因は何だったのだろう。手首や他に原因があったのは間違いないのだろうが、ただそれが精神的なものか、肉体的なものかは分からない。人が打っていても、何処がよくて何処が悪いのか、私にはそういう観察力が無い。

フォームがきれいとか、ボールの位置ぐらいしか見られない。『あれじゃドローボールだろうとか、あれじゃフェードボールになるだろう』と言う事が見分けられない。自分の描いているスウィングを精一杯やるだけだ。

早く常時90代で回りたいなぁ・・・(^・^)♪

| | コメント (0) | トラックバック (1)

福島旅行(松川浦)2日目

早朝 5時半起きで、女性人みんなで旅ならではの朝風呂に入り、サッパリした気分になったところで、又お化粧が始まった。我が家に居れば朝風呂に入るなんて出来ないし、家にいる時はお化粧もしないでいるから、私にとっては”旅ならでは・・・”になってします。最近の子は”朝シャン”する人も多いのかもしれないが、私にはその習慣は無い。

朝食は7時半だった。昨日飲み過ぎたり食べ過ぎたりした人も、それなりの食欲でご飯とおかゆを、お味噌汁とお魚のスープ、お代わりする人もいて食欲の多さに感心させられた。私はというと、出るべき物が数日前から出ておらず、お腹に溜まった状態だったので、少々食欲としては細かった。

宿を8時半に出発して、最初に向かったのはいわき市に在る「かねまん本」というかまぼこ屋さんだった。そこで試食した燻製風のかまぼこ美味しかったので、2種類のそれをおみやげに買ってみた。

次に行ったのは、鮮魚センター・・・といっても規模は小さく、あんまり買うものが無いなぁと思っていたが、お店のご主人が”ジャパネットたかた”ばりのセット売りで、「これとこれとこれにこれをオマケしていくらだ!」という方法に、じゃ私も、私もという感じで皆が買っていた(^_^メ)

後は一路家路に向かうのみ、塩谷岬の美空ひばりの歌碑があるところに寄りたいと、おねだりする一幕もあったが、予定外なので却下された。帰りのバスは1日目よりカラオケを主体として走っていた。私も、大好きだけど歌えないので聞くだけだった”ロンリーチャップリン”に、恥を忍んで挑戦してみたが、案の定大失敗、メロディも良く分からなくなっていた。(年のせいで歌詞もメロディも消えてしまう昨今)『旅を共にした皆さん、お見苦しい点をお詫びいたします』m(__)m

最後に予定外の行動、”佐野ラーメン”を食べて帰ろうという事になり、あるお店に入り、私は味噌ラーメンを注文した。私たちのテーブルでは味噌ラーメンが多かったが、食べてビックリ、今まで食べた事もないような”しょっぱさ”お味噌が普通の2倍は入っているかのようなしょっぱさだった。どうしても信じられない味で、となりの人に言ってみたらその人もしょっぱいというので、お店の人に「血圧の高い人が多いのでお湯を下さい」と言ってお湯を貰い薄めて食べた。かなり入れてもまだしょっぱかった。

今でもあのしょっぱさは何だったんだろうと疑問に思う。一つのどんぶりに2杯分のお味噌が入った以外は考えられないしょっぱさで、間違って入れた訳ではないとすれば、作った人にあれを一度食べてもらいたい。

と言う訳で2日間の旅も一応何事も無く、無事に家にたどり着いた。108_0827

写真は一日目に行った、”鵜の尾埼灯台”での一枚です。

| | コメント (0) | トラックバック (10)

福島旅行(松川浦)1日目

108_0810 ○○組合旅行で、11月6日、7日と福島方面に旅行に行ってきた。

20人とあとは運転手さん、ガイドさん、添乗員さんの大型バスでの移動だったので、ゆったりスペースで居られたのは大変良かった。しかし、ガイドさんには少々問題点もあり、我々女性人にはちょっと不満を漏らす人もいた。

実際、後部座席に男性人と一緒になって座って、話し込んでいるガイドさんを見たのは初めてのことである。カラオケになると、マイクの調子が悪く、テレビも一番前に、一台付いているだけなので、後ろの人は見えにくいと、いう有様だった。(一人頭500円値切ったらしいがそれが悪かったのだろうか?)

阿武隈川で白鳥の飛来を観た。予想をはるかに超えた白鳥と鴨の数にビックリしたが、白鳥たちも私たちを歓迎してくれたのか、ダンスをしているような、潜りを披露している様な、愛をささやいているような様子に見えてきた。

バスの中は、ほぼ全員といっていいほど、ノンベーの集まりになっていた。最も、飲めない人もわずかにいた。幹事さんはその一人で、後ろで盛り上がっているのに、皆のお世話をするとき意外は添乗員さんと2人でぽつんと静まり返って、さぞかしつまらないだろうなぁと、思わされる後姿だった。

宿に着いてみんな一息ついたらお風呂に入り、女性人は又一手間お化粧をしなくてはならず、男性が羨ましくもある。宴会場には3人のコンパニオンさんを呼んでいた。

皆バスの中で、飲んだり食べたりしているので、お昼の岩代屋敷大王でのうどんとてんぷらも、食べきれずに残す人がいっぱいいたが、宿もおさしみづくしの食事が売りの宿だったのに、後から出てきた料理は食べきれずに残してしまい、もったいない事をしてしまった。

一日目はこうして終わったが、若手の人たちは、その後、外に遊びに行ったり、マ-ジャンをしたりしていたようだ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

プロ・・有難うございました!!

小達プロ、お忙しい中、又虚弱体質?の御身体の中、早速のコメントを頂き、有難うございました。

プロから直にコメントを頂けるなんて最高に幸せです。

でも、3人でやっていらっしゃるようで、なかなか難しいですね。小池プロが優勝した”ページ?””おめでとう”を言ったら、そのページに”ありがとうのコメントを頂いたので、小池プロからかと思ったら、小達プロだったのでビックリしましたが、とてもとても嬉しかったです。

私も風邪を引いて、一ヶ月以上、未だに咳に悩まされていますが、これからシーズンオフに入っても、病気怪我に気をつけて頑張ってください(^・^)

何時までも3人が、良きライバルで居られますよう、そして来年はテレビで見られるツアーでのご活躍を心から期待しております。 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »